フラット35sエコとは?

エコ住宅のための金利措置『フラット35sエコ』は終了しました

 フラット35には、エコ住宅を購入する人のために金利の低い、フラット35sエコが設けられていますよね。 新しいフラット35sエコについてはネットに色々載っていますが、フラット35sエコには金利Aプランと金利Bプランがあるようですね。

 金利Aプランや金利Bプランの基準となる条件としては、省エネ性や耐久性などで、金利Aプランの方が金利の引き下げ幅は大きくなっています。 金利Aプラン、Bプラン以外にも、被災地で住宅を取得するかしないかで金利はまた変わってくるようです。 被災地で住宅を取得する場合は、当初5年間の金利引き下げ幅が大きくなります。新しいフラット35sエコについて調べたい人はフラット35sエコのサイトで確認してください

 こうして購入する住宅の条件によって金利負担が軽減されるというのは、いいことですね。 高額なエコ住宅ですが、金利負担を軽減してもらえれば、時代に即したエコな家をゲットしやすくなりますよね。 実際にフラット35sエコを利用している人ってかなり多いんだろうなあ。 省エネも耐震も、今の時代必要不可欠になってきていますからね。ただフラット35s審査が気になるところですよね? 地震が起こっても安心して暮らせる家を、より多くの人が購入できるように、もっともっと金利負担が軽減されればいいなあって思ってしまいます。

 新しいフラット35sエコについて、もっと国民の意見も取り入れながら、国の補助金を増やしてほしいですね。 フラット35sエコはすごく魅力的だけど、とはいえ、やはり利用できる人ってまだまだ限られていますからね。 もっと気軽にみんなが利用できるように、エコ住宅そのものの値段も下がっていけばいいなあ。

 地震大国日本では、いつどこでどのような規模の地震が起こるのか分かりませんからね。 地震対策として、地震予知も必要かもしれないけど、予知されたところで地震が起こることに変わりはないんだから、地震の被害を最小限に抑えられるような住宅を、もっと手頃な値段で購入できるようにした方がいいんじゃないかなあって思います。耐久性とか省エネとか、エコ住宅って災害にあった時にはかなり差の付く住宅ですからね。

 新しいフラット35sエコについては、最初の5年間は特に大幅な金利軽減があるから、総額で計算するとかなりお得なんでしょうね。 お得感が大きければ大きいほど、エコ住宅に目が向くので、もっともっと金利を減らしてもらって、お得感を強調してもらえれば、多くの人が家と一緒に安心を購入できるんじゃないでしょうか。

フラット35でお金を借りるメリットとデメリット

住宅ローンについてネットで調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を持っている人が多いようです。

フラット35とは住宅ローンの中の1つです。

民間の銀行では、長期にわたって金利を固定しての資金の調達が難しいと言われています。

その資金調達の難しさやリスクに対して住宅金融支援機構が支援しています。

メリットとしては、勤続年数が1ヶ月から申しこみ可能と短くても借入できる可能性があることや金利が固定されているので返済計画が立てやすいことが挙げられます。

デメリットとしては、基本的に物件価格の9割までの融資になることや繰上げ返済可能額が100万円からと高額なことなどです。

人生で最大の買い物と言われる住宅ですがなかなか一括で買うという人はいないと思います。

住宅ローンで資金調達するのがほとんどだと思います。

ローンを検討するときに変動型にするのか、固定型にするのか悩みますよね。

返済計画の立てやすさを重視する方なら固定型のフラット35がおすすめです。

10年前に比べ、金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのにベストなタイミングといえます。

また、変動型の方が固定型よりも1%近く低い数値になっていますが変動型の場合、毎月の返済額が高くなることもあります。

返済計画が立てにくいデメリットがあります。

一般的にローンを借りる場合、変動型の方が金利が低いことが多く変動型で借りた方がすごくお得に見えます。

金利変動で逆に支払額が高くなる可能性もあります。

そんなリスクの心配をしたくないという人も中にはいると思います。

そういった方の場合は、各種銀行で取り扱っているフラット35で固定型ローンを組むことをお勧めします。

固定型と書いているように、完済までの期間ずっと毎月の支払額が変わらないようになります。

マイナスの部分としては、固定なのでたとえ金利が低くなったとしても支払い料金が低くなることもないことです。

住宅の購入を考えた際に、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、日銀による超低金利施策で低金利なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても様々な種類があります。

その中でも、「フラット35」という言葉を耳にしたことはありませんか?名称からはどんな特徴があるのか伝わりにくいですが通常のローンと比べどういった部分が違うのか調べてみました。

参考:フラット35比較でおすすめは?審査甘いランキング?【借りやすい銀行】

良い特徴としては、ずっと金利が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料がかからないことがあります。

デメリットとしては、金利が変わらないので低金利になると割高になってしまうことや独自の審査基準があるので借入できない可能性があることが挙げられます。

住宅を購入する資金調達時に利用する住宅ローンですがほとんどの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから審査を始めるので事前審査の結果、ローンが組めないこともあります。

そういったことが起こらないようにいくらまで借りられるのか知りたいところです。

フラット35で借りられる金額の上限の決め方は「ARUHIの家検索」というwebサービスでは物件を決める前に事前に年収や毎月の返済予定額などから借入可能額が確認できます。

他の機関のHPにも借入シミュレーションがあるので物件探し時に必ずシミュレーションするようにしましょう。

予算が分かっていれば物件も探しやすくなるのではないでしょうか。

住宅ローンや自動車ローンなどの長期の借入は、できるだけ早く完済したいという気持ちを持ってしまいます。

早く返す方法は繰り上げ返済をすることです。

例えば、住宅ローンのフラット35では銀行機関によって繰上げ可能額が100万円からという例が多いですが最近では10万円からという銀行機関もあるようです。

その際、手数料が必要なローンと不要なローンがあるのでローンを選ぶ際はこの点も見るようにしましょう。

ボーナス払いも併用している場合には、ボーナス月の請求がずれないように半年分の合計から可能なことが多いようです。

住宅は人生で1番大きい買い物とも言われています。

その際住宅ローンを組むと思いますが調べてみるとフラット35とフラット35sという2種類のプランが存在しています。

いったいこの2種類では何が異なるのでしょうか。

フラット35sは5年間、または10年間の金利優遇が適用されます。

購入する住宅が条件を満たしていると自動的に適用されるものです。

その要件の例としては、省エネルギー性や長期間住むことができることを考えるとメリットは大きいです。

これらの条件を満たしているとフラット35sが適用されます。

また、新築・中古かは関係なく利用できるのでぜひ活用してください。

全期間固定金利ということで利用を考える人の多いフラット35ですが一体どんな住宅ローンなのかTVCMなどを見てもいまいちわかりません。

主なメリットとしては全期間金利が変わらないので返済計画を立てやすいことや保証料が0円なこと、物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料が0円なことが挙げられます。

デメリットとしては基本的に物件価格の9割までの借入になることや金利が変わらないので低く変動しても毎月の支払う金額は変わらないこと、繰上げ返済が100万円から可能と銀行オリジナルのローンに比べ高額なことが挙げられます。

他にも細かいメリット・デメリットはあるので利用する際は確認してからにしましょう。

あまり利用することのない住宅ローンですがなかなか使わないからこそ契約の流れが全くわからないという人も多いはずです。

フラット35を例にして契約の流れを説明します。

新築で立てる場合では、はじめに借り入れの申し込み、設計審査をして物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

審査結果は約1週間くらいでわかります。

結果がわかったら着工し始め、工事途中や竣工後に現場審査の申請を行う必要があります。

竣工現場審査に通ったら借り入れのご契約や資金の受け取りなどの手続きに進めます。

念願のマイホームを買う際に利用する住宅ローンですが種類が多くてどれを選んだら良いのか困ってしまいます。

でも住宅ローンを利用するのは人生に1回の人が多く選び方がわかりません。

ここでは、ローンを決めるポイントについてまとめてみました。

まず、最初に決めるのは金利を変動型にするか固定型にするかです。

目先の金利が低いけれど数ヶ月、数年後の支払い額が高くなる可能性のある変動型と毎月の支払い額が一定で返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。

変動型を選ぶ場合は金利が変わるので見るポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35に決めた場合は保証料や事務手数料などの金利以外の部分を比べる必要があります。

テレビでおなじみのフラット35ですが、中古住宅でもローンを組めるの?という質問を聞きます。

結論から言えば条件次第で利用できます。

その要件の例としては、床面積の広さや購入価格が1億円以下の住宅かという条件です。

他にも、中古ならではの条件があり、申込日の時点で竣工日から2年以上経過している、すでに人が住んでいたことがあるかという条件です。

もし新築で建てた住宅に対してのローン借り換えを行う場合は中古住宅扱いになるのでこれらの条件を満たしている必要があります。

そのため中古物件を買う際にもご活用ください。

住宅を買う際にフラット35の利用を勧められることがあります。

多くの人はテレビで名称を聞いたことはあるくらいで実際にはどんなローンなのか、借りるための条件はあるのかといった詳しくは知らないのではないでしょうか。

このローンを契約するには、物件購入価格が1億円以下になっているか、床面積が基準以上の広さの建物になっているかといった条件があります。

ローンとしての特徴は、基本的に物件価格の9割までしか借りられないことや全期間金利固定なことや繰上げ返済手数料がかからないことなどが挙げられます。

金利が変わらないので急に支払額が上がるといったことが起きないので将来を見据えた返済計画が立てやすく無理なく返済できそうですね。

最近CMなどで見かけるアルヒの住宅ローンですが、会社やローン商品にどんな特徴があるのかあまり知らない人も多いと思います。

特徴を挙げると住宅ローンの1種類であるフラット35の取扱実績件数が1番多いそうです。

「ARUHI家の検索」という物件探しのサービスも行っており、そこでは物件と直結しないようなカンタンな質問から、今の家賃と同じくらいの支払額で買えそうな物件を検索できます。

ローン商品の特徴としてはフラット35の利用者の22%が利用しているという点です。

他にも別の金融機関に比べ審査スピードが早いことです。

事前審査の場合では最短当日に答えが出ます。

ローン用語で親子リレー返済という言葉を聞いたことはありませんか?どういったものかというと親子2代に渡ってローンを返しましょうというものです。

住宅ローンでおなじみのフラット35でも利用可能となっており、申し込みご本人の子・孫やその配偶者で安定した収入がある方など、3種類の条件を満たしている場合に組むことができます。

この制度の有効な場面としては、将来同居を予定している場合や、親が高齢になり家のリフォームを考えているけど高齢だから長期でローンが利用できない、と言った場合に有効です。

この制度は利用ができるので状況によっては利用しましょう。

利用ができるので状況次第で利用を考えてはいかがでしょう。

長期間に及ぶ高額なローンといえば住宅ローンなどが挙がりますが。

周りにローンについて詳しい人は少なく、どのローンを選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

FPに相談するのが一番だと理解していてもどこに相談にいけばいいのかわからないというケースもあります。

固定金利でおなじみのフラット35について聞きたい場合は各銀行窓口へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が主催している相談会に行くのがオススメです。

この相談会に参加する場合は予約が必要なようなのでHPで会場などの開催情報を確認しましょう。


Copyright (C) フラット35sエコは終了しました All Rights Reserved